Raspberry Pi 2に使用するMicroSDのフォーマットについて

Raspberry Pi 2 Model BにOS「Raspbian」をインストールしようと思ってMicorSDをセットして電源を入れたところ、「Waiting for SD card (settings partition)」と表示されたまま次に進まなかった。

「・・・(settings partition)」となっていたので、パーティションの設定を行っているのかと思い、30分ほど待ってみたけど全然終わりそうにない・・・。
いろいろ調べてみたところ下記リンクにたどり着き、原因がMicroSDのフォーマットにあることがわかった。
teratail

MicroSDカードをWindowsの標準機能でフォーマットしたけれども、Windowsの標準ではexFat形式でフォーマットされてしまうらしく、「Raspbian」をインストールする際に使用する「NOOBS」が対応しているのはFAT16・FAT32のみの為、上手く動作しないことが原因だったみたい。

再度、公式にフォーマットする際に推奨されている「SD Formatter 4.0」を使用して、MicroSDカードをフォーマットし直してOS「Raspbian」のインストールを行ったところ、上記メッセージが表示されることなくインストール画面に進むことができた。