CloudFormerで作成したテンプレートの注意点

CloudFormerを使用して既存のAWS上の環境をテンプレートにして、同じ環境を新たに作成したい事があるかと思うけれども、そういった場合、CloudFormerを使用して作成したテンプレートをそのまま使うと問題になるんじゃないかなと思った点があったのでメモ。

  • AWSリソースの名前が指定されていないので、そのまま使用するとリソース名が自動生成となる。
  • EC2のリソースを監視しているCloudWatchアラームをテンプレートにした場合、監視先のインスタンスIDが紐付いたままになる。(同じEC2のリソースを監視するアラームが新たに作成される)
  • CloudWatchLogGroupのアラームは、テンプレートを使用して作成した場合、CloudWatchLogGroupに同じ内容のアラームが追加で作成される。(同じ内容のアラームが新たに作成される)

リソース名が自動生成されるのは、作成したテンプレートにリソース名を指定するようにすれば対応可能。
下記はSNSにリソース名を指定した例。

CloudWatchアラームに関しては、他に良い方法があるかもしれないけれども、一度テンプレートを使用してアラームを作成後、変更を加えるか、もしくはテンプレートを使用しないで作成する必要があると思う。